日焼けした肌へのスキンケア方法とは

日焼けした肌へのスキンケア方法とは

外仕事で帰ってきた父親の、日に焼けた肌が皮が剥けてしまっていてそれを気にしていないことが気になりました。
そのまま放っておくのは肌に負担なのではないかと思います。しかもその剥けた皮をよく自分で剥いてしまっているのも見るので、肌を傷つけていると感じます。

私だったらまず、日焼け自体をしないように日焼け止めをきちんと塗ってから外に出ます。紫外線が昔よりも日に日に強くなっているので、健康面から考えても日焼けしないことが1番だと思います。
それでも、長時間の外仕事をしていれば日に焼けてしまうと思います。

肌の皮が剥けてしまった時にはとにかく絶対に皮を剥いてはいけないです。無理に皮を剥いてしまうことで肌に痕が残ってしまったら困ります。
日焼けしてしまった日には、コットンに化粧水をたっぷり染み込ませたものを、日焼けした肌にパックします。その後、乳液などでしっかりと保湿します。

外仕事をする前には、少量でも良いので必ず日焼け止めを塗ると良いです。少し日焼け止めを塗るだけでも、日焼けして肌が痛いということを少しでも抑えることができます。
日焼けしてしまった時には肌を保湿すると良いです。

コメントは受け付けていません。